多摩の霊園安いけどすぐには飛びつかないで カレンダー

電車で一本の多摩の霊園が人気

東京エリアでは、多摩の霊園が人気です。多摩地区に住んでいる人はもちろん、都心エリアに住んでいる人たちも家族や自分の墓地を持つ場所として、注目しています。多摩と言えば緑が豊かな地域としても知られており、都心から少し足を延ばすだけで自然を満喫できる地域も少なくありません。そんな落ち着いた多摩地域に最後の場所を求めるのは、ごく自然なことかもしれません。
しかし都心から少し足を延ばす必要がある場所まで検討する理由は、それだけではないようです。都心の場合、その地域性から墓地を持つことが難しいという現状も、多摩の霊園に人気が高まっている理由になっています。多摩エリアでも、電車で行きやすい駅近くの霊園も多数あります。少し離れていても電車一本でいけるような通い安い場所であれば、問題ないかもしれませんね。
多摩の霊園を見ると、公営のものも民営のものもあります。また人気の芝生や緑地墓地も多数あり、さらに費用が気になる方でも選びやすい低価格霊園も揃っています。以上のように多摩の霊園には、幅広い選択肢が準備されて言えます。通い安さやその環境、費用や管理の状態などを考えて、希望に合った霊園が選びやすいのも多摩の霊園が人気の理由でしょう。

見晴らしもいい多摩の霊園を選ぼう

多摩にお墓の建墓の魅力はやはり緑豊かな場所で、故人が静かに眠れることです。多摩丘陵と言われており、高台から見下ろせるロケーションも魅力となっています。その分、都心からのアクセスは決して距離的には遠くはありませんが、お墓となると公園墓地などは、かなりアクセス的には車がないと不便な場所も多いのが事実で、多摩地域においての霊園は殆どが大型駐車場を完備しています。霊園によっては不便さを補うサービスとして、土曜、日曜、祭日などは墓参客の為に、最寄より1日数本の無料バスを運行している所もあります。
もう一つの魅力は何と言っても価格にあります。お墓の価格は永代使用料と墓石工事から決められますが、㎡数や石の種類で数十万から何百万以上するお墓もありますが、一般的なお墓の大きさを考えると1.0㎡前後を都心の墓地で永代使用料と比較すると半額以下となっています。参考金額として多摩地域は60万~80万が相場ですが(西、東向きにもよります)都心は同条件なら150万以上は考えなくてはいけません。(墓石代と工事費は別)工事費は石の種類や㎡数で決まりますので、一概には言えません。
多摩霊園の特徴も格安の値段だけを広告などに打ちだして、㎡数が0.25㎡ほどの小さなお墓で永代使用料は16万円と格安としながらも、お骨は2壺しか納骨できないものなどあります。しっかりと下調べは必要です。

メニュー

カテゴリ

カレンダー

2017年8月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

イチオシ記事

多摩の霊園は人間が帰る場所です

豊かな自然が自慢 多摩は東京の都下に位置しますが、なんとなく都下と呼んでしまうと、多摩の素晴らしさが差し引かれてしまうようにも感じます。都下とはあくまで都心の対語です。都心中心の考え方ではないかと思います。…

もっと読む

多摩の霊園安いけどすぐには飛びつかないで

電車で一本の多摩の霊園が人気 東京エリアでは、多摩の霊園が人気です。多摩地区に住んでいる人はもちろん、都心エリアに住んでいる人たちも家族や自分の墓地を持つ場所として、注目しています。多摩と言えば緑が豊かな地…

もっと読む

多摩で霊園を探すときの費用と立地

できるだけ近い方が良い 徒歩圏内にある霊園は、募集が開始されればすぐ定員をオーバーすることとなり、結果として抽選が待っています。多摩の霊園は比較的閑静な場所に多く、墓石との距離感も適度に抑えられています。多…

もっと読む

多磨霊園と近代日本の偉人

実際に行ってみるのが吉 多摩の霊園のチラシは新聞でもよく見かけますが、霊園の話題が周囲で出る度に、そろそろ墓のことを検討しなければならないと頭を抱えている人はいませんか。しかし、多摩をはじめどこの霊園であっ…

もっと読む